(株)eumoの新サービス発表会に参加してきました。

 2019年6月25日、Labコラボレータ(株)eumoの新サービス発表会が開催されました(@Finc Technology)。
 現代社会では本来手段であるはずのお金が目的になっています。お金が目的化しないよう「人が幸せになる手段」としてお金を再定義し、共感を資本として活動していく、「共感資本社会」の実現を目指す会社、それが「eumo」です。
 そんな「eumo」が準備していた新サービスがいよいよ発表となりました。目玉は「共感コミュニティー電子地域通貨 eumo」。この秋、実証実験が開始されます。

共感コミュニティー電子地域通貨「eumo」
 「都会と地域をつなぐ通貨」が基本コンセプト。行かないと使えない通貨を発行し、使用期限を発行から6か月以内とすることで地域に訪問してもらい、地域での経済活動を通じて地域の人達との交流を誘発します。
 お金は本来無色透明。どこでも使える流動性の高さが売りではありますが、地域通貨eumoには地域と人に寄り添うお金という「色」が付きます。また、未利用「eumo」は独自の再付与ルールで他のユーザへ再配布され、もう一度地域へ行く動機づけとしています。
 2019年9月15日に飛騨高山で行われるRAMICS(The Research Association on Monetary Innovation and Complementary and Community Currencies 本部:フランス・リヨン )第5回貨幣革新・地域通貨国際会議にeumo代表新井氏が登壇。それに合わせ、実証実験が開始されます。実験の目的は「eumo」での決済を通し、「人が現地に行き、現地の人と繋がれるか。」つまり、地域通貨をきっかけに人が動くかどうかです。
 実証実験は2019年9月15日~2020年2月29日まで行われます。実証実験における地域通貨の賞味期限は3か月、2,000名の参加者を募集します。エントリーは6月25日16時~より開始されました。
 「eumo」のベースには同じくLabコラボレータである(株)finnovalleyが提供する「Money Easy」が採用されました。同社川田社長も登壇され、既に提供済みの「さるぼぼコイン」「アクアコイン」と異なり、初の広域地域通貨での採用であり、位置情報の活用等、継続して新たな機能の追加も検討していくとコメントされました。
 ポケットマルシェ、イケウチオーガニック、日新堂印刷(エコ名刺@北海道)が加盟店代表として登壇され、「商品購入だけでなく、現地での決済を通してできる新たな『つながり』を期待している。」と地域通貨を通した「動き」への期待を滲ませていました。「eumo」限定商品も準備される構想も進んでいるようです。
 取組に賛同、興味があるという方はリンクを貼り付けておきますので、下記よりご利用ください。
eumoオフィシャルサイト
 「お金とは何か。」「人の幸せとは本質的に何なのか」それは我々が平日、休日、仕事、余暇、家事を繰り返している度に問うこと自体を失ってしまった課題です。 「本当に大切なものを大切にする、それが大切だ。」と新井社長はコメント、大変熱いイベントでした。