ラボレポート

株式会社Granmaにお会いしました

 2019年9月25日、当Labで過去に行った「地域活性化特別セッションvol1」(2018年2月開催)でお世話になった、(株)Granmaの本村拓人さんが、「3×3まちづくりvol2」(9/24)で講演され、久しぶりにお会いしました。
 相変わらず、パワフルにご活躍中です。今回の講演では、本村さんが世界各地で実際に見たまちづくり事例、それらをインプットに湯沢で「発酵都市」という形で実践されていること(本当にすごい!)を発表され、我々参加者に対し、
・居場所が自由に設定できる世の中
・さあ、あなたはどうする
というグサっとくるメッセージを送られました(直接的には上記表現ではなかったですが)。
 本村さんは、翌日(9/25)には当Labにも寄って来てくれました。
 現在は10/4スタートの「新虎ヴィレッジ」(フォルクスワーゲンが創る新しい遊び場)成功に向けて精力的に活動されています。また、湯沢においても「fermentators week」の次なるイベント(この秋・冬)も企画中とのことです。そうだ、久しぶりに湯沢に行こう。
 本村さんの熱量に冒され、私からも、当Labで(某コラボレータと一緒に)企画中の案件について、東北地区で本村さんの力が借りれたら・・・と、内緒で相談をさせてもらいました。
 当Labにおいて、“地域(活性化)”を直接知りたい、体験したい・・・と考えた際に出会い、こうして今も一緒に(熱く)語れる・・・、うれしい限りです。また、是非ご一緒したい!