アイデアバンク 地域通貨WSスペシャルを開催しました

2019年3月13日(水)にBeSTA FinTech Labにて「アイデアバンク 地域通貨WSスペシャル」を開催いたしました。 当日の模様についてお伝えいたします。

【イベント概要】

BeSTA FinTech Labでは、ビジネスアイデア創発・アイデアブラッシュアップのため、様々な事業の方に参加いただくワークショップを3×3Lab Futureと共に開催しております。今年度は「地域通貨」をテーマに、5回に渡って「地域通貨 × ○○」と題したワークショップを実施しており、今回はその振り返りとまとめという位置づけとなります。

【当日の様子】

当日は地方金融機関の方々を中心に約30名程が参加し、これまでのワークショップで得られたアイデアや地域通貨の動向をインプットした上で来年度具体的な取り組みに繋げられるようにアイデアブラッシュアップを行いました。

ワークショップの前半ではインプットセミナーとして、BeSTA FinTech Labのコラボレーター各社における地域通貨の取り組みをダイジェストにて当Labの松原店長より紹介させて頂きました。
さらに、ゲストとしてWorkDesignLab代表の石川様、関東学園大学の中村教授をお招きし「地域通貨×働き方」「地域通貨×食」をテーマにそれぞれご講演頂きました。

後半のアイデアブラッシュアップでは「地域通貨×働き方」「地域通貨×食」の2グループに分かれ、現状の課題やあるべき姿を考えながらディスカッションが行われました。地方の人材不足や食品の流通など、地域を知る地方金融機関ならではの観点のコメントやアイデアが印象的でした。
また、交流会においてもワークショップ中に描かれたグラフィックレコードを見返しながら活発な意見交換が行われました。
今回のアイデアを来年度の具体的な活動に繋げていきたいと考えております。